基本情報について

メタボとは、内臓肥満のことをいいます。組み合わせもあり、高血圧や高血糖、脂質代謝異常の三つになります。
これらがくっつくと、心臓病や脳卒中の原因になってしまい、最悪の場合、死に至る危険性もあるため、改善することが必要になります。
腹囲が太いだけでは、メタボという診断は難しくなります。

死因について
メタボが原因で起こる心臓病や脳卒中は、日本の人口3分の1を占めています。
いずれも、動脈硬化が誘発したもので進める最大の要因は、高血圧、喫煙、糖尿病、脂質異常症です。
単独で症状が発症してしまう傾向にあります。しかし、それぞれの症状が小さくても三つの要因が重なれば動脈硬化などの病気を発症してしまうリスクがあるのです。

肥満が増えている
近年、日本でもメタボの人が増えつつあります。肥満にもそれぞれ種類があります。
脂肪が蓄積されると内臓脂肪型の肥満になります。これが動脈硬化を悪化させる原因と言われています。
これが上手い具合に重複すると、より発症が強くなっていきます。

問題の悪化
このような問題が悪化したことによって内蔵脂肪の蓄積の他、空腹時の血糖値の数値、脂質の数値が一定を超えるとメタボとして診断されるようになったのです。
日本では平成20年から、しっかりとした予防を含め特定健診、特定保険指導という検査機関ができています。
そしてこれまで加わってなかった腹囲の検査も、新たに検査項目の中に付け加えられたのです。
特定健診や特定健康指導の場合、メタボとは言わず内臓脂肪症候群と呼ばれています。
メタボの検査で基準値を超えた場合は、改善のために医師の指導によって健康の見直しをしていきます。
血圧や血糖、脂質がそこまで多くなくても、予備軍としてメタボと診断されます。そのように言われた時点で動脈硬化になってしまう可能性は十分にあると認識しておく必要があります。
改善としては、進行する前に生活習慣の見直しと定期健診を取り入れるのが一番の近道なのです。

オススメリンク

太ったカラダ

予防に努める

メタボの改善を図るなら、まず日頃の食生活を見直す必要がありま…Read more
自分と向き合おう

健診について

自身がメタボなのかを知るきっかけの1つにと特定健診と特定健康…Read more
スリムなウエスト

肥満の境界線

ただ太っているからといってメタボというわけではありません。見…Read more
SOS

運動を取り入れる

メタボの改善には、食事制限の他に運動の取り入れが大切です。効…Read more
ウエストを測る

サプリを服用する

日本は忙しい国なので、メタボ改善をしたくても中々上手くいかな…Read more

関連リンク